株式会社 SN食品研究所

行事食・旬の食材・食べ物の記念日

行事食、旬の食材、食べ物の記念日に合わせたおすすめのレシピや取扱商品などをご紹介いたします。
商品画像、レシピ画像、青色文字の取扱商品をクリック頂くと詳細ページへ飛ぶことができます。

行事食

3月(ひなまつり)

ひなまつりは、女の子の健やかな成長を願う行事。「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形に桜や桃の花、ひなあられやひし餅などを飾ったり、ちらし寿司やハマグリの料理を楽しむ節句祭りのひとつです。ひし餅の色の意味にはいくつかの説があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味するという説や、緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります。また、ひし形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

バックナンバー

旬の食材

4月(さわら)

さわらには旬の時期が2回あります。関東では冬(12月~2月)が旬とされ、関西では春(3月~5月)が旬とされています。漢字で「鰆」と書くように、「春を告げる魚」と言われています。さわらに含まれるEPAやDHAは、脳を活性化させると言われ、記憶力や学習能力の向上が期待できるので、育ちざかりの子どもにおすすめの栄養素です。また、魚類の中ではカリウムの含有量が多いのも特徴で、体内の余分な塩分の排出を促すことから、血圧を下げる効果が期待できます。さわらの身はクセが少なく淡泊な味わいのため、どんな調理法にも合う魚です。

バックナンバー