株式会社 SN食品研究所

行事食・旬の食材・食べ物の記念日

行事食、旬の食材、食べ物の記念日に合わせたおすすめのレシピや取扱商品などをご紹介いたします。

行事食

10月(ハロウィン)

ハロウィンは毎年10月31日に行われる祭りで、もともとの起源は古代ケルト人の秋の収穫祭だと言われています。古代ケルト歴では、1年の終わりは10月31日であり、この日の夜には、死者の霊が家族を訪ねてくると考えられていました。同時に、黒猫を連れた魔女や悪霊も一緒にこの世に来てしまい、家畜や作物を荒らし、子供をさらっていく(魂を取られる)と信じられ、魔女や悪霊から身を守るため仮装をしたり火を焚いたりして魔除けをしていたと言われています。

バックナンバー

旬の食材

11月(さば)

さばは大きく分けて、まさば、ごまさば、タイセイヨウサバの3種類がいます。最近では高知県の「清水さば」や鹿児島県の「屋久さば」などのブランドさばも増えています。さばは鮮度が命です。傷みやすいのですぐ内臓を出し、冷蔵庫で保存して1~2日のうちに調理するのがよいでしょう。酢で締めると5~6日はもちます。

バックナンバー

食べ物の記念日

11月(チーズの日)

日本の歴史上でチーズの製造について確認される最古の記録に、700年10月、全国に現在のチーズに近い「酥(そ)」の製造を朝廷が命じたという記録があることから、1992年に日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が制定しました。10月を新暦に置き換えた11月にし、覚えやすい11日を「チーズの日」としました。

バックナンバー