1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 青大豆ペーストの団子汁

印刷する

青大豆ペーストの団子汁

青大豆ペーストの団子汁

【大分県郷土料理】小麦粉をこねた団子をきしめんのように伸ばし、鶏肉・里芋・ごぼうなどと味噌仕立ての汁で煮込みます。
今回は青大豆ペーストを練りこんでアレンジしています。

鉄分 食物繊維

材料(1人分)

  • 青大豆ペースト(10g)
  • 小麦粉(10g:適宜)
  • だし汁(150g)
  • 鶏肉(20g)
  • 冷凍里芋(15g)
  • ごぼう(10g)
  • 人参(10g)
  • 大根(20g)
  • 乾燥しいたけスライス(1g)
  • 葉ねぎ(3g) (小口切り)
  • 味噌(9g)

つくり方

①下準備をする。
・青大豆ペーストは流水または自然解凍しておく。
・鶏肉は一口大に切り、里芋は1/2カット、ごほうはささがき、人参と大根はいちょう切にする。
・乾燥しいたけは水で戻しておく。
②青大豆ペーストと小麦粉を混ぜ、耳たぶくらいのかたさに練る。(小麦粉の量は状態に合わせて調整する)
③鍋に湯を沸騰させ、丸めて伸ばしただんごを茹でる。浮き上がって1分ほどしたら引き上げ、冷水にさらす。
④だし汁に鶏肉、里芋、ごぼう、人参、大根、しいたけを入れ、煮立つ直前にだんごを入れる。
⑤野菜に火が通ったら、味噌を溶いて入れ葉ねぎを散らす。

SN栄養士ひとくちメモ

16世紀に豊後の戦国大名の大友義鎮(宗麟)が「あわびの腸(鮑腸(ほうちょう))」が好きでよく食べていましたが、ない時に「団子」を「鮑腸」に似せて作ったのが始まりと言われています。同じ大分県の郷土料理で平たい団子にきな粉と砂糖をまぶした「やせうま」という料理があり、どちらも大分県ではよく食べられています。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    119

  • たんぱく質( g )

    9.1

  • 脂質( g )

    1.8

  • ナトリウム( mg )

    508

  • カルシウム( mg )

    37

  • ( mg )

    1.0

  • マグネシウム( mg )

    39

  • 亜鉛( mg )

    0.6

  • ビタミンA( μgRE )

    74

  • ビタミンB1( mg )

    0.10

  • ビタミンB2( mg )

    0.09

  • ビタミンC( mg )

    4

  • 食物繊維( g )

    3.0

  • 食塩相当量( g )

    1.3

このレシピで使用した商品