1. HOME
  2. 知る・学ぶ
  3. SN見聞録
  4. 「妊婦の過度なダイエットや不規則な食生活は、生まれた子供が将来、肥満や生活習慣病を発症する可能性が高い」

印刷する

「妊婦の過度なダイエットや不規則な食生活は、生まれた子供が将来、肥満や生活習慣病を発症する可能性が高い」

当見聞録では、子供たちの食生活の重要性を常にお話ししてまいりましたが、先般、京都大学大学院藤井信吾教授(婦人科学産科学教室)の研究グループが、妊娠中の母親が過度なダイエットや不規則な食生活をした場合、生まれるこどもが将来成人した後に、肥満や生活習慣病の発症率が高くなることを、マウス実験により具体的に解明されました。 正しい食生活の重要性は子供たちにとってはもちろんのこと、特に妊娠中の女性は母親の責任として、生まれるこどものために栄養のバランスを十分配慮した食事を摂取しなければならないということが、疫学的にも立証されました。