株式会社 SN食品研究所

SN食品研究所沿革

創業〜SN食品研究所へ

創業者 有吉義一

「薬や栄養剤ではなく、
食品で栄養を摂ることが健康の原点である。」

を基に創業者 有吉義一は常に「子ども達の健康」を主軸に据え、 1956年の(株)SN食品研究所設立に至るまで、 時代の荒波にもまれながらも商品の開発・販売に尽力した。 当時の創業者の想いや企業活動すべてが、現在の礎となる。
SN食品研究所の歩み
時代背景

時代背景

1936年
二・二六事件
1939年
第二次世界大戦始まる
1941年
太平洋戦争開戦
1945年
終戦
1947年
日本国憲法施行
1953年
テレビ放送スタート
1954年
「学校給食法」制定
1958年
初代一万円札発行
東京タワーオープン

SN食品研究所の歩み

1935年(昭和10年)7月
家族を結核で亡くしたことで、「薬や栄養剤で栄養を摂るのではなく食品で栄養を摂ることが健康の原点である」として、創業者有吉義一が会社を創業。 また、昭和初期主に病人用の栄養源とされていた牛乳が、子どもにも優良な栄養食品として必要であるとし、「匿名組合明治学乳振興会」を大阪市浪速区難波に設立、明治製菓株式会社(現、株式会社明治)と特約して「学童用低温殺菌牛乳」の販売を開始。

1941年(昭和16年)7月
戦時統制により牛乳確保困難となり、匿名組合明治学乳振興会を有吉事務所に改組し、 カルピス食品工業(株)のビタミンカルピスを牛乳代替品として販売を開始。
1948年(昭和23年)
「カルピス学童配給所」を設置したことが、戦後の事業再開なる。
1949年(昭和24年)6月
大阪市住吉区殿辻町に学童カルピス専用製造工場を建設し、 本邦初の微量栄養素強化食品「学童用ビタミンカルピス」販売を開始。
1950年(昭和25年)11月
大阪市阿倍野区北畠に(株)SN 食品研究所の前身となる (株)学童強化食品研究所を設立。
1956年(昭和31年)7月
東京都大田区新井宿に(株)SN食品研究所を設立、 都内中央区銀座に学童強化食品研究所本社事務所を設置。 同年、雪印乳業(株)と特約して、 学校給食用マーガリン「雪印ラクトマリン」の全国販売を機に、 雪印学校給食用乳製品の総発売元となる。 SNとは、School(学校) Nutrition(栄養)の頭文字で学校栄養食品の略。

プライベートブランドの開発

昭和33年当時の学校給食風景
(独立行政法人日本スポーツ振興センター提供)

「学校給食事業は利潤を最優先として追求する市場ではなく、
優良な商品を大量に安く子ども達に供給して
日本の将来を担って立つ
子ども達の健康な心身に寄与することである。」

これはチーズ事業提携の説明書類に明記された一文である。「学校給食の公益性を重んじ、営利追求を第一としない」という創業者の視点は、現在の当社企業理念の基礎として確立された。1960年には「財団法人 学校給食研究改善協会を設立し、栄養士や調理員の活動を支援することによって、学校給食の充実、普及に力を尽くしたことも「子ども達の健康のために」という使命感に突き動かされた結果である。
SN食品研究所の歩み
時代背景

時代背景

1960年
日米新安全保障条約締結
1964年
東京オリンピック開催
東海道新幹線開通
1970年
日本万国博覧会(大阪万博)開催
1972年
沖縄返還
1973年
オイルショック
1985年
男女雇用機会均等法が成立
日本航空123便御巣鷹山に墜落
1989年
昭和天皇崩御
消費税スタート

SN食品研究所の歩み

1960年(昭和35年)11月
(昭和35年11月)学校給食研究改善協会設立。(昭和37年7月)財団法人として文部省の認可を受ける。(平成23年3月)公益財団法人として内閣府の認可を受ける。設立以来、将来の日本を担う子ども達の健康な心身の育成の基本は学校給食であるとして、その充実と普及に努めている。
1961年(昭和36年)9月
全国販売網完成に伴い、大阪市阿倍野区北畠に 学研SN総合本社を建設移転、系列各社も含め統括経営を開始。
1964年(昭和39年)
プライベートブランド「SN・G」商品の販売開始。SN・GのGは、学童もしくは学研(昭和31年の社名 学童強化食品研究所の学研)の頭文字と、 諸説いろいろあるが、現在はSNFにすべて変更。(FはFOODSの頭文字)東京オリンピックで西欧選手との体格差の原因が食事内容にあることに着眼。 良質のたんぱく質である乳製品チーズを子どものころから食べることで 欧米人並みの体力に追いつけると考え、学童を強化するキャンペーンとして、 学校給食にチーズを出すことに注力した。
1965年(昭和40年)10月
雪印乳業(株)製造の、キャラメル型一食包装チーズ学校給食用 「キャンペーンチーズ10g」を開発して、日本で初めて全国発売する。 この学校給食での販売によって、 日本人のチーズ食の習慣を学童期に定着させたと評価される。

1966年(昭和41年)3月
(株)学校保健研究所を総合本社内に設立。取扱い品目を給食用全商品に拡大。
1972年(昭和47年)11月
有吉義一、業界で初めて藍綬褒章を受章。
1978年(昭和53年)4月
公益社団法人全国学校栄養士協議会が開発した「全学栄製品」の取り扱い開始。 当社において初めて栄養士による商品説明、メニュー提案を開始する。

安全安心な非常食の取扱いを開始

災害時にライフラインが途絶えた中で、「いのちをつなぐ」非常食
栄養教諭・学校栄養職員の手による
安全安心な非常食用優良栄養食品の開発と販売

阪神・淡路大震災や東日本大震災ではライフラインが止まり、食物アレルギーの子供にとっての避難生活は困難を極めた。そこで災害時の安全安心な食品の提供を目指して、栄養教諭・学校栄養職員の厳しい基準により開発された非常食用優良栄養食品の販売を開始する。
SN食品研究所の歩み
時代背景

時代背景

1995年
兵庫県南部地震
兵庫県南部・淡路島で壊滅的被害
地下鉄サリン事件
1996年
大阪府堺市にて大腸菌O-157による食中毒発生
2004年
「学校教育法」改正により、栄養教諭の役割を明記
2005年
日本の人口が戦後初めて減少
栄養教諭制度が施行
「食育基本法」が施行
2006年
「食育基本法」に基づき、「食育推進基本計画」が決定
2008年
中国製餃子による中毒が相次ぐ
学習指導要領第1章総則に食育を明記
「学校給食法」大幅改正
2011年
東北地方太平洋沖地震
地震と津波、余震により大規模災害発生
福島原発事故
2012年
東京スカイツリーオープン
2015年
総務省「食育の推進に関する政策評価」実施
2016年
熊本地震

SN食品研究所の歩み

2003年(平成15年)8月
本社、大阪市住之江区の新社屋に移転。
2011年(平成23年)3月
財団法人学校給食研究改善協会が公益財団法人として内閣府の認可を受ける。
2013年(平成25年)11月
学校給食用非常食 アレルギー27品目不使用 第一弾 全学栄救給カレー取り扱い開始。

2014年(平成26年)4月
広島営業所と関西支店の一部を統合し、中四国支店を岡山市北区に新設。
2016年(平成28年)4月
新潟営業所を、関東支店に統合。
2017年(平成29年)1月
学校給食用非常食 アレルギー27品目不使用 第二弾 全学栄救給根菜汁取り扱い開始